• Junko Muraki

アルツハイマーとココナッツオイル


お久しぶりになりました!

徐々にこちらの記事も充実させていこうと思います^^

前回の続き、ココナッツオイルのメリットです。(前回の記事はコチラ☆

アルツハイマーに効くというココナッツオイルですが、その働きの主力が、「ケトン体」です。

ケトン体とは、ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸が体内に入ると肝臓で変換されて作られる物質のこと。

脳のエネルギーになれるのはブドウ糖なのですが、それに唯一代われる物質が「ケトン体」なんです。

一方、アルツハイマーとは、加齢により、うまくブドウ糖を脳で代謝できなくなってしまうことが原因でなる病気。

なので、ブドウ糖に代わる栄養素「ケトン体」をうまく摂取し活用することで、脳の働きを正常に戻してくれるというものなのです。

実際に、アルツハイマーと診断された人にココナッツオイルを一定期間摂取してもらって検査すると、書いてもらう絵にはっきりと違いが出ているそうです。

中鎖脂肪酸だけを抽出したオイル=MCTオイルというものも売られていますが、こちらももちろんアルツハイマーに効果的。

ただ、瞬発力、即効性はあるものの、効果の持続性はココナッツオイルの方が有効と言われているようです。

どちらも状況によって併用しながら、というのがオススメ。

もちろん、本格的に病気の治療に取り入れるためには、にわか知識で自己流に行うのではなく、専門医に相談の上、上手に生活に取り入れていくのが大前提です。

まだまだ未知の力を秘めていそうなココナッツオイルですが、冬場に固まる=寒冷地には向いていないという性質も持ち合わせています。

南国特有の食べ物、飲み物、調味料などは、やはりその土地に合ったものなので、体を冷やす効果があるものがほとんど。

ですので、冷え性の女性や成長期のお子ちゃまにも、冬にはお勧めできません。

私は、夏はココナッツオイル、冬は太白ごま油、というように、クッキングオイルは分けています^^

どちらも、朝起きてすぐのオイルプリング(うがい)にも抗菌作用などがあってもってこいなんです。

ココナッツオイルのその他の効能を簡単にまとめた記事はコチラ☆

何事も、

絶対にこれ!!

と決めつけず、自分に合った、季節にあった、環境にあったものを見つけることが大切。

少しでもみなさまの選択のお手伝いができれば幸いです。

次回は、この秋冬にハマっているココナッツオイルの活用法【番外編】お届けしますね!

#スーパーフードダイエット #ココナッツオイル

Follow me! @MURAJUN :

  • Grey Instagram Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Office/Salon

3-19-8, Kandaiji, Kanagawa-ku, Yokohama-city, Kanagawa, 221-0801, Japan

info:090-1618-0919  superbeautyrecipes♡gmail.com

(please change ♡ to @ when you send e-mail)

© 2015 by むらじゅん all right reserved