• Junko Muraki

女性の体とスーパーフード。


ただいま生理真っ最中。

という女性も多いのではないかと思います。

なぜなら、先週木曜日が満月

一般的に満月の近辺に生理がくるという女性が多いからです。(逆に、新月付近の方もいますが、どちらが正しいとかいいとかいう問題ではありません。)

人間の体は約6割以上が水分でできています。(子供はもっと多いそう)

海に潮の満ち引きがあるように、地球で暮らす以上、体内の水も宇宙の影響を受けて当然ですよね。

男性よりも女性にわかりやすく現れるのは、間違いなく生命の誕生の最後の段階である「出産」を担っているからだと思っています。

体の仕組み自体が、宇宙のエネルギーを最大限に生かせるようにできているのです。

そんな名誉な役割を担ってはいますが、生理とは、とてつもなく面倒で、厄介で、時に物理的以上に精神的な苦痛を伴ったりもするので、喜ばしいとばかり思えないのも事実・・・

私自身も、出産前はかなりの生理不順(いつ来るかわからない恐怖)と、重い生理痛(のたうちまわるとはこのこと!?)に悩んでいました。

でも、出産後、赤ちゃんが体をきれいにしてくれるとも言われるように、周期も安定し、生理痛もなくなり、さらに食事自体に気をつけるようになったこと、また月の満ち欠けに意識して生活するようになったことで、今では満月に生理が来て、新月に排卵がくるという極めて健やかな体になっています^^

次のハードルは、更年期かな・・・とは思っていますが、自分の体を理解し、なぜそうなるのか?をわかっていれば、全く怖くないと思っているし、とても自然なことなんだと受け止められると思っています。

そして、生理中のだるさやむくみなど不快な日に私が意識するのは、やはり食事。

どんな栄養素が必要で、どんな形状の食べ物、どんな味付けのものがいいのか、そんなことを意識することで、自然と知らず知らずその不調から解放されていたりします。

でも、生理中だからこそ、そんなに食べ物に気を使えない日もあります。

そんな時にありがたいのが、スーパーフード

メニューをあれこれ工夫して考える時間がない、体が重い時に特別なメニューを考えるのが億劫。。

そこで、スーパーフードの出番なんです。

例えば、生理中は冷えるしむくむし・・・

という時に、レバーを煮るのとアサイーを取り入れるのだったら、間違いなく後者の方が手軽です。

同じ鉄分を摂取する方法でも、もちろんレバー煮大好きだしできれば作りたいですが、レバーを買いに出掛けるところから、としたら大変ですよね。一気に気持ちが萎えます。笑

もちろん、冷えやむくみに必要なものは他にもたくさんあって、鉄だけ摂ればいいというわけでもありません。

きちんとした知識があってこそ、その時必要なものが選べるので、やみくもにスーパーフードだけ摂ればいいなんてことはありませんが、普段の食事に少し足すだけで、栄養価かなりの足しになる、という点が素晴らしいのです。

ではどんな時にどんなスーパーフードを摂取するのがいいのか。

そのあたりを、「学ぶ」という大げさな考えではなく、楽しく知識を増やせて日常に活かせるようなコラムを発信していきますね!

まずは私もただいま絶賛生理中、冷えが気になるので、今朝はとりあえずアサイーとアーモンド入りビーツのスムージーを飲みました!

鉄分とビタミンE、冷え性改善にはとても大切です。

スーパーフードでいうと、アサイーとアーモンド、お野菜なら食べる血液と言われるビーツが鉄板です。

また、鉄の吸収のためにはビタミンCは必須。

フレッシュな果物やお野菜と一緒に効率よくいただきます。その点でも、スムージーは理にかなっているのですが、冬場に冷たい飲み物をいただく時には注意も必要。

その点に関しては、また別の機会に書かせていただきますね^^

#スーパーフード #女性の体 #生理と月のリズム #アサイー #ビーツ #アーモンド

Follow me! @MURAJUN :

  • Grey Instagram Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Office/Salon

3-19-8, Kandaiji, Kanagawa-ku, Yokohama-city, Kanagawa, 221-0801, Japan

info:090-1618-0919  superbeautyrecipes♡gmail.com

(please change ♡ to @ when you send e-mail)

© 2015 by むらじゅん all right reserved